東京都内の寺社以外で頂ける御朱印をめぐってみた【東京御朱印、ここがすごい!】

御朱印は、神社やお寺で頂けるものですが、寺社以外の場所でも御朱印を頂ける場所があります。今回は東京都内の寺社以外で頂ける場所をピックアップしてみました。

意外な場所でも御朱印が授与されている!?

●タワー大神宮(東京タワー内)
まずは、ご紹介するのは東京都港区にある東京タワー内にある「タワー大神宮」です。メインデッキ2階のタワー大神宮は、東京タワーの運営会社の創立20周年を記念し、1977年、伊勢神宮より御神霊を招き、天照皇大神をお祀りした神社とのこと。ですので、タワー大神宮はれっきとした神社ですが、寺社とは異なる場所である東京タワーで頂ける御朱印としてご紹介しました。

掲載画像は、令和初日の令和元年5月1日のタワー大神宮の御朱印。東京タワー60周年の記念押印入りです!
ただ、ここの御朱印を頂くのは少々難易度が高め。通常は5名以上の団体限定で、1週間前までに予約する必要があるようです。(私が頂いた時は、令和最初の日の令和元年5/1は特別に個人単位でも御朱印を授与して頂ける期間でした)

f:id:yoyorinrinyuyu:20190724123027j:image

近くにある増上寺から見た東京タワー

f:id:yoyorinrinyuyu:20190724123206j:image

—————————————————–
【データ】
タワー大神宮
東京都港区芝公園4丁目2−8
https://www.tokyotower.co.jp/event/tower-info/goshuin-tour/index.html
—————————————————–

 

●東京都慰霊堂

続いては「東京都慰霊堂」です。
このお堂は、関東大震災や東京大空襲で亡くなった方々を慰霊する施設として東京都により管理されています。関東大震災による遭難者の御遺骨を納める霊堂として、最も被害の大きかった場所に建てられ、昭和20年の東京大空襲による犠牲者の御遺骨も併せて奉安されているとのこと。犠牲になった方々の慰霊の場所として、心静かに参拝したい場所です。御朱印はお堂の横にある管理事務所で頂くことができます。

f:id:yoyorinrinyuyu:20190724123359j:image

東京都慰霊堂

f:id:yoyorinrinyuyu:20190724123437j:image

—————————————————–
【データ】
東京都慰霊堂
東京都墨田区横網2-3-25
https://www.gotokyo.org/jp/spot/358/index.html
—————————————————–

 

●湯島聖堂

三つめは「湯島聖堂」です。
湯島聖堂は、文京区湯島にあり、江戸幕府5代将軍・徳川綱吉によって建てられた孔子廟として建てられ、後に幕府直轄の学問所となった場所にある史跡。
孔子廟は、春秋時代の中国の思想家であり、儒家の始祖である孔子を祀る孔子廟なので、お寺や神社ではありませんが、御朱印が授与されています。

f:id:yoyorinrinyuyu:20190724140051j:image

f:id:yoyorinrinyuyu:20190724140122j:image

—————————————————–
【データ】
湯島聖堂
東京都文京区湯島1−4−25
http://www.seido.or.jp/yushima.html
—————————————————–

 

●向島百花園

向島百花園は、東京都墨田区東向島にある都立庭園。春の梅や秋の萩などの花で有名な花園です。隅田川七福神の発祥の地であり、文人・佐原鞠塢が所有していたといわれている「福禄寿」が祭られています。御朱印もユニークな書体の福禄寿(福禄寿の文字を意匠化した御朱印)です。正月元日から7日までの限定で授与されているレアな御朱印です。

f:id:yoyorinrinyuyu:20190724140329j:image

正月期間のみ開扉される隅田川七福神の一つ・向島百花園の福禄寿。
f:id:yoyorinrinyuyu:20190724140325j:image

—————————————————–
【データ】
向島百花園
東京都墨田区東向島3丁目18−3
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html
—————————————————–

 

●武蔵陵墓地(多摩御陵)

武蔵陵墓地は、東京都八王子市にある皇室墓地。大正天皇陵・大正天皇の妻・貞明皇后陵・昭和天皇陵・昭和天皇の妻・香淳皇后陵の四陵があります。
昭和天皇陵が造営される以前は多摩御陵と称されていて、現在でも通称として使われています。多摩御陵といったほうが分かりやすいかもしれません。

ここで頂けるのは御陵印。御陵印とは歴代天皇の朱印のことで、全国5箇所の陵墓で印がいただけます(自分で押印する形式ですが、無料で押印することができます)。

【御陵印がいただける陵墓監区事務所】
古市陵墓監区事務所:大阪府羽曳野市誉田6-11-3
畝傍陵墓監区事務所:奈良県橿原市大久保町17-1
月輪陵墓監区事務所:京都府京都市東山区泉涌寺山内町34-2
桃山陵墓監区事務所:京都府京都市伏見区桃山町古城山
多摩陵墓監区事務所:東京都八王子市長房町1833

 

第123代・大正天皇と第124代・昭和天皇の御陵印の御陵印(専用の陵墓印帳に頂きました)

f:id:yoyorinrinyuyu:20190724123816j:image

f:id:yoyorinrinyuyu:20190724124150j:image

昭和天皇陵
f:id:yoyorinrinyuyu:20190724123848j:image

—————————————————–
【データ】
武蔵陵墓地(多摩御陵)
東京都八王子市長房町1833
https://hachi-navi.com/omotenashi/touristspot/musashiryo
—————————————————–

他にも変わったところでは、横山大観美術館(東京・台東区)、坊主バー(東京・四谷)などでも御朱印(に類するもの)を頂くことができます!

こういった情報が満載の『謎解き御朱印めぐり』発売中!

【PR】御朱印新刊本発売中!
「謎解き御朱印めぐり」

f:id:yoyorinrinyuyu:20190618125000j:plain

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。