【シェア畑体験記04】収穫したサラダほうれん草をオリーブオイルで頂く

「手ぶらで行ける、サポート付の畑のレンタルサービス(貸し農園)」

とある日、新聞に挟まっていたチラシが目につき、その日のうちに見学に行くと、農園の放つ優しい魅力にやられてしまい、即座に申し込みをしてしまいました。

今回は、いよいよプチッと収穫編です!

シェア畑HPはコチラ!

わっさーと生い茂る緑の野菜に感動

お見事!

向かって右がサラダほうれん草、左がほうれん草ですが、どちらも惚れ惚れするほどの美しさで育ってくれました!

一枚一枚の葉がとてつもなくしっかりしていること!

「みずみずしい」とはまさにこのことで、スーパーでは見たことないような、個性の強いほうれん草へと成長を遂げてくれました。

ということで、いざ、収穫!

①1つの穴に4つの種を植えたので、4つのうちの2つくらいを抜いていく。栄養を吸いあってしまうため、間引くという意味でも半分ずつ収穫するのがベストなんだとか。

②ほうれん草の根本をかきわけ、土をほじくり返しながら、地中深くまで張った根と共に引っこ抜く。これが慣れないと、ブチッと途中で根が切れてしまいます。

③いい感じに抜けました! このまま食べても美味しいんじゃないかと思われるほどの美しさ。

そして、抜いても抜いてもなくならない!

1家族だけでは食べきれないほどの量で、おすそ分け必須です、シェア畑。

とはいえ、確実にほうれん草やサラダほうれん草もお値段は高いわけで、そういった野菜を普段からスーパーで購入することを考えても、シェア畑を借りても十分もとはとれると思われる。

なんだかんだで、野菜は高いですからねー。

嗚呼、この感動、自分で種をまいて育てた農作物を収穫して眺めるだけで、こんなにもお腹も心も満たさせるとは思ってもみませんでした。

子どもたちへの食育も兼ねてと思ってましたが、もはや、パパの趣味へと進化しちゃってます(笑)。

と、いうわけで……いざ、実食!

みずみずしーーーーーーい!

サラダほうれん草は、ただ皿に盛って、このあとオリーブオイルをかけ、少々ブラックペッパーをふるだけで食べました。

オリーブオイルをかける瞬間を無駄に撮影(笑)。

それだけテンションがあがっているということですね。

ちなみに、ひと口食べたら悶絶しました、はい。

こんなに葉のしっかりしたサラダほうれん草は食べたことないですし、茎もシャキシャキ感がすさまじく、本当に味付け不要で野菜の味をとことん楽しめてしまうのです。

ちなみに、なぜにこんなにも葉がしっかりするのかというと……。

無農薬なのはもちろんなのですが、「水を与えない育て方」をしているので、植物は水を得ようと地中深く目指して根をどんどん伸ばそうとするんだとか。

根が力強くなることで、植物全体が強くなるため、葉から茎から味までしっかり濃ゆいものになる、ということらしいのです。

サポーターの人が教えてくれました。

いやぁ、植物の生命力ってすばらしい。

そして、その「生命を頂戴する」という意識にもなるので、シェア畑、食育にはもってこいかと思います。

もちろん、ほうれん草はバターソテーで

お美しい!

申し訳ないけど、よく食べる「ジョナサン」のほうれん草とベーコンソテーなぞ、比べ物にならないくらい美味です!(笑)

味付け、バターだけでこのインパクト!

ほうれん草、自家製でやると、ここまでグレードアップするとは!

午前中に収穫して、お昼にコチラを頂きましたが、思わず、缶ビールをプシューッといきたくなったのは言うまでもありません。

どーーーーん。

次回、べかな、クレソン、わさび菜、レタスを収穫します!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。