【足立区の三人姉妹】第6話 共学vs女子校

ナスとチョメのキャラが明らかに真逆なのは、以前のエッセイを読んで頂いているうちに、おわかりになるかと思います。つまり、ふたりは、憧れる学校生活も真逆。

テレビで学園ドラマを観ながら、我が家のチーム女子で話していた時、中学校の話になりました。ちなみに、私は小学校から高校まで、エスカレーター式の私立に通っていました。小学校までは共学ですが、中学からは女子校になる学校でしたので、青春時代は女子校を満喫(?)してきました。

どうやらナスもチョメも、”中学受験”したい!という気持ちは共通のよう。ただ、受験したい理由はえらく違います。

はじめての方はこちらを! ナス&チョメ&月のプロフィールが載っています。

共学に行くか、女子校に行くか……

中学受験をしたいという2人に、なぜ行きたいのか聞いてみました。

ナス→地元中学の制服がダサくて嫌。可愛い制服の学校がいい。都心の学校にい行って、帰り道に遊べるところがいい。

お前は中学に何しに行くんだ!?

チョメ→頭のいい人のいるところに行きたい。男子のいない女子校がいい。

もう少し、楽しいことも考えていいんだよ? 笑。

ほんとにこの2人、極端すぎる。笑。

私が女子校だったのを羨ましがるチョメ。「いいなぁ〜ママ、楽しかったでしょ? チョメも絶対、女子校がいい!!」

するとナスが猛反撃。

ナス「おかしいでしょ?! 女子校なんて、楽しいわけないじゃん! ママ、無理しないで本当のことを言ってごらん? 男いなくて、つまらなかったよね?」

だから、お前は何しに中学へ行くんだ!

ママ「うーん、共学に憧れたこともあったけど、今は、あの学校でよかったなって思ってるよ。女子だけだと気遣わないでいいし、部活楽しかったし。」

キラキラした瞳で頷くチョメ。納得のいかないナス。

ナス「いや、ママ、チョメ。よーく聞いて。ナスは絶対に共学。男子がいない学校生活なんて、楽しい出来事起きないもんね。大人になってから、あぁ、、、あの時、男がいればなぁ、共学で、男たちと一緒だったらよかったのにな〜男さえいれば〜!て、後悔することになるもん!!!」

男好きが過ぎるだろ。笑。

ママ「まあ、それはわかったよ。どこの学校かはまた考えるとして、じゃあ、2人とも受験はしたいってことね??」

家計にとっては、重要な確認である。

チョメ「もちろん!」

ナス「うーーーーん。。。それがさ、実は、ちょっと迷ってるんだよねぇ」

お??? そーなのか、ナス。やっぱり、今の友達と離れたくないかも、とか、思い始めたのかな?!

ママ「じゃあ、家の近くの〇〇中学でもいいかなーって思ってるってこと?」

ナス「へ…??? なんで? そうじゃないよ?」

ママ「ん?」

ナス「え? だからナスはさ、〝中学に行くかどうか〟を迷ってるんだよ!」

は???

ナス「だから、〝中学に行くか行かないか〟を迷ってるんだYO!!」

行けよ! 行っとけよ!!!!! そこは、義務教育!!!!!

ボケナスちゃんは、小卒で、一体何をしようとしたのでしょうね。笑

彼女の進路、目が離せません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。