【足立区の三人姉妹】第11話 初めての保健体育

「ママ〜、赤ちゃんてどうやってできるの???」

突然ですが、お子様のいらっしゃる方、子どもに対して”性教育”ってどうしていますか?

はたまた、皆様自身、家庭での”性教育”ってどのように受けましたか?

デリケートで、何となく周りには聞きずらいこのハナシ。本当はみんなどうしてるか気になるし、相談したいこのハナシ。でも、実は、子育ての中でとっても大切なこのハナシ。

今回は、誰もが家庭の中での向き合い方に悩む、このお話です。

はじめての方はこちらを! ナス&チョメ&月のプロフィールが載っています。

おナスが突然言い出した、変な授業とは?

ナス「あーーーーあ、明日なんか変な授業あるんだよなぁー」

3年生も終わりに近づいてきた3学期のある日。次の日の準備をしながら、連絡帳をながめながら、ナスがぼやいていた。

ママ「変な授業って何よ? 実験かなんかやるの?」

するとナスは、連絡帳を食い入るように見ながら、カタコトで答えてきた。

ナス「ホ・ケ・ン・タ・イ・イ・ク」

ママ「ん??」

ナス「ホケンタイイクっていうの、何すんだろ。今までなかったよ〜」

なるほどなるほど。保健体育。ついに来たか。保健体育。

私の遠い記憶だと、小4からかと思っていたが、どうやら、小3終わり頃からジャブ的に始まるようだ。

ママ「ほっほ〜〜〜。ナスちゃんも始まるわけだね」

ナス「なになに?」

……さぁどうするか。このタイミングか。

我が家ではちょうど、「そろそろどうやって話していくか相談しようね」と、パパと話していたところだったのだ。というのも、ナスの年齢的なことだけでなく、月の誕生の影響がとても大きい。

お月が生まれた日」でもちらっと書いたように、当初はナスチョメも出産に立ち会う予定だった。小学生の子どもを母親の出産に立ち合わせることは、賛否両論あるだろうし、なかなかOKしてくれる病院も少ないかもしれない。私も初めは考えていなかった。しかし、外来の時に助産婦さんに言われたこの言葉を聞き、私とパパは子どもたちの立会いを希望しようと思ったのだ。

「お姉ちゃんたちにとって、最高で最愛の”性教育”の機会なんじゃないかな」

命の誕生と向き合う。

どこから赤ちゃんが生まれてくるのか、ママがどうやって生むのか、自分たちはどうやって生まれて来たのか。それこそが、性教育の本質なんだと思ったら、娘たちが余計に愛おしくなって、家族みんなで、三女をお迎えしてあげようって決心したのだ。

まぁ、結果は、お月の采配によって(?)、お姉ちゃんたちの立ち会えない日に生まれてきたのだけれど。。。月め、最高の機会、逃したじゃないか。。。笑。

とにかく。その言葉を聞いた頃から、月の誕生をキッカケにした”我が家の性教育”を始めようと思っていながら時間が過ぎてしまっていた。

そして、月が誕生したあと、ナスがこんなことを言ってきたのだ。

ナス「ママ! ママ!!! どうしよう!!! ナスね、月のこと”かわいい〜〜♡”って思っちゃてる!!! どしよう?! ナス、赤ちゃん可愛いって思ったから、赤ちゃん出来ちゃうかな?!」

出来ないわ!!!!笑

可愛いと思っただけで妊娠してたら、世の中ベイビーで溢れかえってるわ!!

ナス「え? 出来ないの? あぁ〜よかった〜。ナス焦っちゃったよ〜〜」

うんうん、まだまだ小3の発想って面白くて可愛らしい。

ナス「じゃあさ、……赤ちゃんてどうやってできるの?」

来た! 当然のごとく、我が家にもやって来ましたこのメジャーな質問。笑。

その時は、ちゃんと教える心構えをしていなかったため、ちょい焦り、

ママ「また今度ね。近いうちに、絶対教えてあげる! 約束ね!」

せっかくの良いタイミングを、約束して終わらせてしまった。笑。

そして、さらに、そのまま放置していた矢先に、保健体育の授業がスタートだって? それはまずい。学校で教わるよりは先に、私たちの口から教えたいと思っていたから。

ナス「ねぇママ、何の授業なの? 先生は、体のこととか、健康のこととかやるって言ってたけど」

ママ「うん、そうそう。そうだね。健康のこととかから始めるのかもね。あとは、体についてが大事だよ。男の人のカラダと、女の人のカラダについて、学ぶんだよ」

すると、横でひそかに聞き耳を立てていたチョメがひきつりながら呟いた。

チョメ「ぅわッッ!……気持ちわるッッッ!!」

そんなーーーーーーーー!!!笑!!!

チョメよ。どこが? どの辺りが気持ち悪かった? 「男の人のカラダ」のところ? むしろ、もう、「男の人」が気持ち悪かったのかい?笑。

これから始める”我が家の性教育”。。。

立ちはだかるチョメは、なかなか手強そうですね。笑。

今後、ナスチョメに教えて話していくうちに、2人がどんな反応をするのか、そもそもチョメは聞いてくれるのか…。

今後の展開、お楽しみに★

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。