【パパだって育児したい!】♯0はじめましてのごあいさつ

「え? おとうさんもいるの?」

赤ちゃんがうまれたばかりのころ

遊びに来てくれた方にはよくこんな風におどろかれました。

 

「お仕事大丈夫なの? 心配」

と心配していただいたこともあります。

(実際 仕事がうまく回っていないので ご心配ももっともです)

 

「お父さんフリーランスなんだよね・・・?(意訳・ニートじゃないよね・・・?)」

妻のともだちが 緊張したかんじで質問しているのを耳にしたこともあります。

 

「今はパパが育児に参加するのも普通だよね」

自分が当事者になるまではそう思っていたのですが

平日のひるまに おとなの男性が赤ちゃんといっしょにいるって 今でもけっこう異様な光景みたいです。

 

男女平等がさけばれX-MENがX-PEOPLEになりそうなこの時代なのに・・・パパの家庭進出はぜんぜんすすんでない!

 

どうなってんだよ つるの剛士・・・! ユージ・・・!

 

このままでは こどもとたいせつな時間をいっしょにすごせない。

もうこれ以上 つるの剛士とユージだけにまかせておくわけにはいかない!

ひとりひとりが立ち上がらねば!

そして「主婦の友社」の連載を獲得し スキをみてつるの剛士といれかわり Baby-moの表紙を飾らなくては!

 

ということで その第一歩としてこの連載をはじめてみることにしました。

この記事をつうじて ふつうのパパが ふつうにこそだてをしてることが 思った以上にふつうであることが ふつうにつたわれば ふつうにうれしいです。

 

パパは仕事していればいい。子育てはママの仕事・・・この記事おもしろくない・・・そんなこと(相手がこわい人じゃないかぎりは)だれにも言わせない!

ということで ここで言わせてください!

パパだって育児したいんですけど・・・いいですよね?

 

なお 連載にあたってはイラストレーターの みやたみく さんに挿絵を描いていただくことになりました。この場を借りてご協力にお礼申し上げます。

あと つるの剛士さんとユージさん 主婦の友社さん 本当にすみませんでした・・・


主な登場人物

(随時更新)


 

ぼく(30代のパパ)

雑誌編集やライターの仕事をしているフリーランス。

からだは大人、頭脳はこども・・・を地でいくちょっとアレな人。

あこがれの人はキャプテン・アメリカ。

 

 

妻(30代のママ)

児童館(みたいなところ)の非常勤職員。

やさしくしっかり者だけど すぐ寝てしまうのがタマにキズ。

深津絵里の大ファン。

 

かんた(0才)

ギリギリ昭和生まれの両親のもとにうまれた

ギリギリ平成うまれのむすこ。

おむつを変えようとすると キレる。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。