【パパッとパパごはん】番外編① セロリ×ベーコン炒めるだけ

セロリのクセのある味と、ベーコンの塩っ気があれば、実はとくに何の調味をしなくとも1品できちゃうことに気がづいた夏。
あの日から、セロリとベーコンを冷蔵庫内で見かけると、トランス状態に入ったように調理に入り、そして、彼らを炒めながら缶ビールをプシューッと……。

パパごはん、番外編は、食材2つでいけちゃいつつ、面倒な調味料測りもほとんどない、お気楽極楽レシピだけアーーーップ!

☆セロリとベーコンは本当に何もしなくてもビールが飲める☆

【材料】

・セロリ……1本
※スーパーでセロリを見かけるとつい手に取ってしまう
・ベーコン……1パック
※1パックって、だいたい入っている量、同じですよね?
・塩……適宜
※入れなくても入れてもOK。結構入れないことが多い
・オリーブオイル……適量
※油は好きなものでいいと思う


【作り方】

1.セロリは葉と茎に分けて、食べやすい大きさに切る。

2.ベーコンもお好みのサイズに切る。

3.熱したフライパンにオリーブオイルをひき、2を投入する。

4.ベーコンがパチパチとなりだしたら、茎セロリを入れる。

5.入れたければ、軽く塩をふる。

6.ベーコンがカリカリになってきたら、葉セロリを入れてササッと炒めて完成!


【至福のとき】セロリをカットするときの、スコンスコンスコンッという音はいつまでも聞いていたくなる。というか、この音がツマミになる。

【アドバイス】やっぱり、ベーコンはカリカリになるまで炒めるのがベスト。パチパチと弾けだしたら、フライパンの外に飛び出て行くやつらもいるので要注意。

【ポイント】いい感じにフライパンをふると、料理できる男子になった気分に浸れます。

どーーーーん。

実食→ベーコンに塩っ気があるわけなので、塩はふらずとも全然おいしくいただける。セロリとベーコンの相性は抜群すぎるぜ。

補足→セロリ好きの長女は、これを作っていると寄ってきて、完成した直後にツマミ喰いをしてくる傾向にある。

特典→めんつゆとかって足してみたらどうなんだろう? いや、これはこれくらいシンプルな方がいい気はするが……。

☆シメのパパ言☆

セロリって1本だと長く見えるのに、
切って炒めると結構量が少なく見える不思議……
だから正直言ってこの料理、一瞬でなくなります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。