犬の食事前に〝マテ〟をしていませんか? その儀式、トレーニングではありません!

【ミナクルわんわん塾】
犬のようちえん『ミナクル』の園長先生が、〝犬と豊かで充実した毎日をおくる〟をテーマに、犬の習性や犬社会のこと、そのほか様々な犬に関連した知恵を発信するWeb塾です。

 

儀式。

それは、飼い主と犬とのルーティーン。

その儀式には様々なものがありますが、多くの飼い主がやっている儀式の1つをピックアップしてみましょう。

食事前に待たされる犬たち

食事前に、犬を待たせるご家庭は多いのではないでしょうか。

フードボウル(食器)にドッグフードを入れて、犬に『まて!』と指示。

そうして、ドッグフードの入ったフードボウルを犬の目の前に置き、飼い主の気分で『よし!』の合図。

これが一連の流れではないでしょうか。

ちなみに、この儀式は何のためにしているのでしょうね。

「マテ」のトレーニングのため?

「マナー」を教えているから?

正直、私には、その意図がわかりません。

人の気持ちに立ってみよう

皆さん、自分の大好物を想像してください。

私の大好物はお酒です(笑)。

目の前のジョッキに、冷たいビールが注がれました。

美味しそうに泡が立っています。

私の喉は乾き、体は水分を欲しています。

ジョッキを掴み、一気に飲んでやろうと思ったところに『まて!』

皆さん、これ、どう思いますか?

 

もちろん、想像するのはビールじゃなくて構いません。

握りたてのお寿司。

良い感じで火の入ったお肉。

出来立てのパン。

それらが目の前に置かれて五感を刺激している中、いつまで待たされるかも分からない『まて!』の合図。

はっきり言って地獄ですね。

☆園長先生からの一言☆

ご理解いただけましたでしょうか。

何気なく行なっている儀式のひとつが、犬を苦しめているということを……。

もちろん、『マテ』のトレーニングは大切ですし、出来るといろいろなところで役に立ちます。

ただ、食事前にやる必要はないのではないでしょうか?


犬のようちえん『ミナクル』のホームページはコチラから!

【お知らせ】ミナクルわんわん塾では、皆さんからの悩みやご相談などもお待ちしています。こちらのコメント欄やBe MoreツイッターからDMいただければ、悩みに応じた記事を作成したいと考えております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。