【ミラクルわんわん物語】お出迎え

『仕事が終わって家に帰ると、出迎えてくれるのは犬だけだよ!』。

実はそのセリフ、よく聞きます(笑)。

これは、先日、とある飼い主さんと、自宅に帰った時の様子について交わした会話です。

いつでもどんな時でも変わらずに……

登場犬名:ももちゃん
犬種:フレンチ・ブルドッグ
年齢:2歳
話してくれた人:伊藤優二さん(37)


坂井(※以下、園長の園)「伊藤さん、まだ、結婚して間もないじゃないですか~。家に帰ったときって、奥さんが出迎えてくれたりするんですか?」(ちなみに、園長は絶賛独身のため、結婚している人の話が気になって仕方がない)

伊藤さん(※以下、伊)「まさか!? 出迎えてなんてくれないよ」

園「え? 最初からですか?」

伊「最初のころは、出迎えてくれたんだけどね~」

園「それがなくなったのはいつからですか?」

伊「割とすぐじゃないかなw」

園「掃除に洗濯、料理、家事で忙しいですもんね~」

伊「いや、リビングに入るとだいたいテレビ見てるよ」

園「……」

伊「一応、リビング入ると「おかえり」って声掛けてくれるけど、目線はテレビだからね」

園「……」

伊「テレビに出ているのはイケメン俳優だからね~」

園「えええー! パパさんのほうがイケメンなのに!」

伊「……」

園「でも、犬はお出迎えしてくれますよね!?」

伊「そうなんだよ~。出迎えてくれるのは犬だけなのよ」

そうなんです、体調が悪いなどの肉体的に疲労しているとき以外は、犬は間違いなく飼い主のお出迎えをしてくれるものなのです。

眠っているときだって、飛び起きて尻尾をふってお迎えしてくれる……。

これも犬との生活がやめられない理由の1つになるでしょうね。

園長先生からの一言

伊藤さんは、最後にこんなことも言っていました。

伊「帰ってきて「ただいま」と声を掛けると、これでもかと言うくらい、「おかえり」とじゃれついてくるのよ。気付いたら玄関で5分くらいサクッと過ぎてるからね~。昔は嫁ともこうだったのにね(笑)」

昔といっても、まだ結婚してそんなに時間が経ったわけではないのに……。

聞いていて、ちょっぴり切ない気持ちにもなりましが、お出迎えしてくれる犬がいて、そのことでとても幸せな気持ちになれる……やっぱり犬ってステキです。

玄関口でこれでもかというくらいにじゃれ合っていたら、奥さんも、ときには出迎えてくれるんじゃないでしょうか?(笑)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。