【ミナクルわんわん物語】365日の愛

あなたが犬を飼っていてもいなくても、もし、誰かに「犬ってどういう存在ですが?」と質問されたら、どのように答えるでしょうか?

それは、もちろん、犬好きな人と犬嫌いの人で、答えはまったく異なると思います。


 犬が嫌いな人、好きな人


きっと、犬嫌いな人は

・吠えてうるさい

・噛むから怖い

・散歩しないといけないからめんどくさい

・毛が抜けて汚い

こういう答えが多いのではないでしょうか。

逆に、犬好きな人の答えは、

・とにかく可愛い

・家族の一員

・生きる力

・無条件に愛情を向けてくれる

のようなものが挙げられると思います。

先日、同じ質問を知り合いにしたところ、『彼氏よりも大切で愛おしい存在』と答えた方がいました。

……。

彼氏の存在意義!(笑)と、ツッコミたくなりましたが、それほどまでに大切な存在であるということですね。


私が犬との生活に魅了される理由


もし、私が同じ質問をされたのなら……。

こう答えます。

「犬は生活を豊かにしてくれる存在」と。

犬を飼い始めてから、毎日愛されていることを感じます。

もちろん、自分も愛犬を愛していますが、それがちっぽけに感じるぐらい愛してくれます。

ちなみに、1年のうち、365日愛されていると実感することってありますか?

犬は、24時間、365日間、その生涯尽きるまで愛してくれます。

幸せなカップルや幸せな夫婦、幸せな家族は、『365日愛されてる!』と言うかもしれません。

でも、僕たち人間だもの……

めんどくさい感情って絶対あるじゃないですか……

どこかで、愛が憎に変わってしまうこともあるじゃないですか……。

でも、犬にはそのめんどくさい感情が何1つないんです。

それぐらい直球なんです。

それだけ偽りのない、直球の愛を感じると自然と心は豊かになります。

ココロが豊かになれば、生活が豊かになります。

だから、私は犬との生活がやめられないのです。

いぬのようちえんにやって来るお客さまたちは皆、私と同じように犬との生活の虜となった人たちです。

そんな方たちや、私の周囲で犬が生活の一部となっている人たちから聞いた、さまざまなエピソードを語っていきます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。