カニカマで簡単!かに玉風豆腐【きょうも小鍋ごはん】

おばんです!お菓子をくれる人のことはだいたい好きになっちゃう、木村食堂のキムケンことキムラケンジです。おかげ様で第9回目を迎えた本連載、世界中の報道に影響を与えたということでピューリッツアー賞の贈呈が検討されているという話は全く聞きませんが、いつだって真実を伝えるスタンスは忘れないでいようと思います!(そんな連載ではない)

さて、今回ご紹介する小鍋レシピは、かに玉風のおかずです。例によって、鍋にぽーんと材料を突っ込んで、ちゃっちゃっと火にかけるだけの簡単メニューです。

実際のカニを使うわけではなくいわゆるカニカマを使っているのですが、これすごいですよね。なんというか「カニは食べたいけど高価だから……よし、魚のすり身で作っちゃおう!」という気合が素晴らしいですよね。

そして、人生を振り返ってみると、本物のカニよりもカニカマを食べた量の方が圧倒的に多いことに気付きました。むしろ最近カニとか食べてないです。でもいいです。カニカマ美味しいから。

カニカマで簡単!かに玉風豆腐

材料(1人分)

  • カニカマ(ほぐす)…2本(30g)
  • 絹ごし豆腐(角切り)…100g
  • ブナシメジ(石づきをとってほぐす)…1/6株
  • 生卵…1個
  • 刻みねぎ…適量
  • A【水…60ml  醤油…大さじ2 みりん…大さじ1】

作り方

①小鍋にAと生卵以外の具材を入れてひと煮立ちさせて、ブナシメジがやわらかくなるまで火にかける。

②溶いた生卵を回しかけて、半熟になるまで中火にかける。お好みで刻みねぎを散らす。

アレンジ

Aのだしはめんつゆで代用してもOK!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。