猛暑だからこその夏バテ対策レシピ! 絶品旨辛麻婆厚揚げ【きょうも小鍋ごはん】

おばんです! 木村食堂のキムケンことキムラケンジです。ついに第10回を迎えた本連載、2桁の大台に乗ったということで世界各国のセレブリティからお祝いの言葉とかは届いていませんが、自分で自分をほめてあげることで気を紛らわそうと思っています。

さて、2019年の夏は、なかなか暑くならないな~という天気から一転! 連日の猛暑ですっかり夏バテ気味です。北海道うまれ北海道育ちの私は暑さにめっぽう弱く、東京に住んで10年以上になるのに夏になると暑すぎて「なまらやべえ、なまらやべえ」しか言えない、か弱い存在になっています。

今回は、そんな暑い夏こそ食べたい旨辛麻婆厚揚げのご紹介です。麻婆といえば豆腐を使うことがほとんどでしょうが、私ぐらい常識にとらわれないシティの男になると、大胆にも厚揚げを使ってしまうのです。やはりそのぐらいの独創性がないと、シティの最先端で生きていくのは難しいですよね。

厚揚げはもともと豆腐だろというツッコミは受け付けませんよ!

絶品旨辛麻婆厚揚げ

材料(1人分)

  • 厚揚げ…1/4枚
  • 鶏もも肉…50g
  • ブナシメジ…1/6株
  • 長ねぎ…4cm
  • 水溶き片栗粉…大さじ1:1
  • ごま油…適量
  • 【A】
  • 水…200ml
  • 中華スープの素…小さじ1
  • 豆板醤…小さじ1/2
  • にんにく(チューブ)…1cm
  • しょうが(チューブ)…1cm

作り方

①食べやすい大きさに切った厚揚げ、鶏もも肉、ブナシメジをAと一緒に小鍋に入れて中火にかける。

②蓋を閉じて3分火にかける。

③鶏肉に火が通ったら水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつけ、刻んだ長ねぎを散らしてごま油をまわしかける。

麻婆といえば通常はひき肉を使って炒めますが、今回は炒める工程がないので鶏肉で代用しました。炒めなくても意外と本格的な味わいになりますので是非!

それでは最後になぞかけをひとつ。

厚揚げとかけまして、麻雀の天和(てんほう)とときます。そのこころは、すでにどちらも「揚がって(アガって)」いるでしょう!(ドヤさァ!)

麻雀をやらない人にとってはそれほどおあとが宜しくないようで。それでは!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。