【KAEDEの産前産後コラム】妊娠中のトラブル

「足立区の三姉妹」を連載中のKAEDEです。

ここでは、【KAEDEの産前産後コラム】と題し、妊娠、出産、産後につきものであるさまざまなトラブルについて、私自身の経験や対処法、結果や記録を紹介していきます。あくまで、出産経験者の個人的な意見や感想なので、”ママ友から聞いた話”程度のつもりで、読んでくださいな。

生まれてくる赤ちゃんにいろいろな顔があるように、マタニティライフも十人十色。

私は3人出産しましたが、3回とも違いました。トラブルや、つらい状態に陥った時、わからなくて不安な時……同じような人を求めてネット検索しまくりました。。。

今回、このような機会に巡り合えたので、そういう人たちのためにも、ときどきコラム的に情報を発信していき、この記録が、今現在悩んでいる方の力に少しでもなれればいいなと思っています。

やっぱりなったか静脈瘤

今回の妊娠中に一番辛かったのは、”下肢静脈瘤”でした。

下肢静脈瘤とは、足の血管が膨れてコブのようにボコボコしてしまい、痛みと怠さがツライ病気です。妊娠による急な体重増加で起こりやすく、妊婦さんたちには経験した方多いのではないでしょうか。

私は、これよりももっと酷かったのですが、あまりに酷すぎたので写真に残していませんでした。今思えば、撮っておけばよかったなと(笑)。

ちなみに、私の場合、次女チョメの妊娠後期に初めて発症。その時は軽度で済み、出産後は忘れてしまうほどに治っていたのですが、、、お月の妊娠中は、5ヶ月くらいで早々に発症。しかも、今回の妊娠、体重増加が凄まじく(笑)トータル+15㎏! キャー! さらに、出産ギリギリまで立ち仕事! と言う、静脈瘤悪化の原因ダブルパンチ……!!! (だってだって、、、菓子パン好きだからやめられないし、仕事楽しいから辞められないし。。。笑)

結果、”下肢・陰部静脈瘤””直腸瘤”になってしまい、なかなかハードなマタニティライフを送りました。

とにかくコレが辛かった!

■痛み

とにかく痛い、ダルい、重い。お股の違和感もツライ。でも、仕事行かなきゃ、洗濯干さなきゃ、習い事送り迎え行かなきゃ、ご飯作らなきゃ・・・家族も手伝ってはくれるけれど、最終的に自分でやらないと気が済まないので、やるしかない。家事をサボると、明日の自分にしわ寄せがくる。ぅう…痛い。だんだん紫に変色していくふくらはぎ。アタシの白くてキレイだったふくらはぎちゃんが。。。


■不安

このままどんどんヒドくなっていくんじゃなかろうか…??こんな症状のまま、出産して大丈夫かな。直腸瘤とか、立っているとどんどん下がってくるから、出産の時飛び出しちゃったらどうしよう。んなことは起きないか。でもそんな気がする。今回は、出産後も、治らないかもしれない。考え出すと不安が大きく膨れるばかりで、夜な夜な1人で、ネット検索しまくっていました。ブルーライトも悪影響なのに。。。笑。


■病院の対応

そしてコレ。びっくりした、病院の先生の対応。出産した日赤医療センターは本当に素晴らしい病院です。びっくりしたのは、地元の産婦人科の院長先生。日赤が遠いため、途中経過の検診は、通いやすい地元の病院へ行ってました。静脈瘤などの症状の辛さを相談したところ、その日担当してくれた院長先生からの言葉がキツく、泣きそうになりました。「立ち仕事なんてしてたら治るわけないよ。ま、コレは治らないけどね。とりあえず、すぐ仕事辞めて」「辞めないなら、どーなっても知らないよ」もう少し、言い方って言うものがあるでしょ、先生。

病院の先生だけでなく、心ない言葉に傷ついたっていう方いるのでは?

そういうの、女は、根に持っちゃいますよねぇ〜笑。

どう乗り越えた?

■着圧ストッキングを履く

静脈瘤には、ひとまずコレしかありません。病院や大きな薬局でも売っている、医療用も買いましたが、私が主に使用していたのはコレ。

ヴィーナスウォーク ←妊婦だからウエストまであるやつは履けないからこのタイプがいい。更に、色がブラックなのがGOOD★見えても恥ずかしくない!医療用のは白ばかりで、とても外には履いていけないもん。。。着用し始めて、治ることはありませんでしたが、進行は食い止めてくれていたかと。実際、うっかり履いてない日は、痛すぎて仕事になりませんでした。大変お世話になりました。


■マッサージ・お灸

ベビーオイルでお風呂上がりに優しく。マッサージというより、リンパを流すようにさする。たまに、ナスチョメが、優しくさすってくれたのは、物凄く効果大だった気がするぞ。お灸は、昔から好き。せんねん灸は我が家は常備。ツボを温めると効果あり、三陰交にお灸を置くと、変色していたふくらはぎの色が薄くなりました。あとは、女性向けのココがオススメ。

天使のたまご ←ナスの時からお世話になりました。少しお高いので、ご褒美としてたまーーに利用。その方が、特別感もあって幸せに感じるでしょ?笑。腕はものすっごくイイです!


■日々楽しむ

決め手はコレ。え? 辛かったんじゃないのかって? 辛い時もあるさ〜! 妊娠してたって妊娠してなくたって、辛い時は辛いもんだ!!!笑。

今回のマタニティライフ、3度目だというのと、ナスチョメの時からだいぶ期間があいたという事もあり、私、心に余裕がありました。ナスの時はお初で、おっかなビックリ。チョメの時は育児疲れも重なりイライラ。今回、、、楽しい。笑。

そう思えない時ももちろんあると思いますが、楽しんだもん勝ちなんだと、今回の妊娠を通して実感しました。ママが楽しいと、お腹のベビちゃんも、そして家族も、間違いなく心地良いはず。周囲に何かを求め続けて不満に思うのではなく、自分から”楽しい”を撒いてしまおう。”楽しい”の大売り出し。そうしたら、プラスの空気が動き出す。

妊婦だからって引きこもらずに、海に旅行に映画にキャンプ! 家族みんなで、楽しいことをたくさんしました!そうしたら、「ま、大丈夫か!」って思えました。そして、結果、大丈夫でした!!! 現在産後2ヶ月ですが、静脈瘤も直腸瘤も、症状が消えましたよ。今不安な方、きっと大丈夫!

ですから、あとあと振り返った時に、「楽しいマタニティライフだったなー」て言えるような過ごし方を、ぜひ、見つけてみてくださいね★

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。